財団について

代表理事ご挨拶

浦田 健

現在、大家業を取り巻く環境は、悪化の一途をたどっていくと予想されます。その主な原因は、原材料の高騰による投資コストの拡大。景気後退に伴う運用効率(利回り)の低下などです。また、これから本格化する人口減少は需給ギャップの拡大を招きさらに空室率を増大させる原因となります。実際現在の貸家の空室率は10%あると報告されており、今後10年間で空室率は15%~20%以上に拡大していくと考えられます。

このように賃貸市場の需給ギャップが拡大していく環境の中で、オーナーが健全な賃貸経営を続けていくためには、実践的な知識を自らが学び、関係業者と連携を図りながら経営に取り組むことが大切です。

具体的には、現場において既に成果のあがっている実践ノウハウを体系的に習得することによって、いかなる環境下においても、健全な賃貸経営を実現することが可能です。また、建築・不動産業界においても賃貸経営の企画及び運営コンサルティングができる高度な人材を育成していくことが急務となっております。

そこでこの度、J-RECを立ち上げ、賃貸経営ノウハウに関する検定試験・認定登録・教育普及促進していく賃貸経営実務検定を実施するに至りました。またJ-RECでは地域社会とのつながりを持つことがこれからの不動産経営成功の鍵と考えており、積極的な社会貢献活動も行ってまいります。関係各位のご指導・ご鞭撻、何卒よろしくお願い申し上げます。

一般財団法人 日本不動産コミュニティー
代表理事浦田 健

基本理念

健全な不動産市場の醸成のために日本不動産コミュニティーは貢献して参ります。

人は、一生を通じ不動産と深い関わりを持ちながら生活していく。人と不動産の健全で良好な関係を発展させていくためには、売買当事者、賃貸借当事者及び仲介者、管理者など、不動産に関わる当事者同士が双方の利益を尊重しながら取引を行うことが重要である。当財団は、健全な不動産市場の醸成のため、実際の経営に活かせる知識・ノウハウの普及に努める活動や、取引当事者双方の利益尊重を推進する活動を支援し、スキルを身につけた人たちが、そのスキルを活かし社会全体に大きく貢献していく人と不動産のコミュニティーの実現を目指すため、以下3つの理念を掲げ活動していく。

  • 不動産取引に関わるすべての人がお互いの利益を尊重し合い、安心して取引できる世の中をつくる。
  • すべての人が、不動産との関わりに必要な基礎的知識を身近に学べる環境をつくる。
  • 常に不動産市場の変化の一歩先を行き、不動産に関わるすべての人々の道標となる。

財団概要・役員

一般財団法人 日本不動産コミュニティー

(設立:2008年12月1日)

〒103-0023
東京都中央区日本橋本町3-3-6 7F
TEL:03-6202-2840  FAX:03-6202-2841

財団の事業

  • 1.「人と不動産の健全で良好な関係を実現する」という理念に即して行われる各種学習活動に関する研究と情報の提供、及び監修、認定。
  • 2.不動産の取引、管理。賃貸経営に関する研究会、講習会の開催。
  • 3.機関紙等の発行。
  • 4.健全なるマーケットづくりのための事業。
  • 5.その他、この法人の目的を達成するに必要な事業。

役 員

役職 氏名  
代表理事 浦田 健 株式会社FPコミュニケーションズ 代表取締役
理事 大友 哲哉 大友不動産有限会社 代表取締役
理事 西山 雄一 有限会社フィールドワーク 代表取締役
理事 百田 浩 株式会社グッドデイズ 代表取締役
監事 横井 利光 神田法律事務所 司法書士
相談役 鵜野 和夫 税理士、不動産鑑定士
相談役 元榮太一郎 法律事務所オーセンス 代表弁護士

お問い合わせはお気軽に

03-6202-2840 お問い合わせフォーム

メールマガジン

社員のレベルアップや営業戦略について、社員研修開催日時などのタイムリーな情報をお届けします。

お名前

Eメール

J-RECプライバシーポリシーに同意の上ご登録下さい。