中堅社員(3年目~)向けコース|中堅社員(入社3年目〜)向けのコースです。主に不動産投資、売買仲介、事業収支、ファイナンス、税金対策、競売、借地取引実務等、幅広い知識を必要とされるコンサルティング能力の強化を目的とした研修です。

  • 不動産投資の基本
  • 物件検索・調査
  • 契約~物件引渡し
  • 税務・ファイナンス
  • 競売・借地取引実務

中堅社員に求められるのは、収益に直結する、不動産投資全般のコンサルティング能力。このコースでは、主に不動産売買に絡む、各種実務知識を学びます。

テキスト
J-REC認定、賃貸経営実務検定(1級)
不動産投資編のテキストを使用します。
カリキュラム
最短2日〜最長3ヶ月まで設定可能。(全12時間)
受講人数
1名より。出張講義は5名以上(交通費別)
受講人数
全国にて随時受付

プログラム

中堅社員 研修プログラム

  時間 講義内容
1
日目
午前
9:00
|
12:00

★オリエンテーション

1.総論
(1)社会経済の変化と今後の賃貸経営
(2)リスクとつきあう不動産投資
2.不動産投資のステップと実務のマスター
(1)取得方針の策定
(2)物件情報の収集
(3)物件調査
(4)事業収支計画をたてる
(5)買付申込み
午後
13:00
|
17:00
3.不動産購入の実務ステップ
(1)契約書類等の準備
(2)契約〜物件の引渡し
4.不動産の調査
(1)不動産調査の方法(建物、土地)
(2)登記事項の調査方法
5.不動産関連法規の理解
(1)宅建業法、都市計画法、建築基準法他
2
日目
午前
9:00
|
12:00
6.税務と事業収支計画
(1)不動産投資税務の理解
(2)事業収支の立て方
7.不動産に関わる税金
(1)不動産に関わる税金の理解
午後
13:00
|
17:00
8.借地の知識と競売実務
(1)借地の基礎知識
(2)競売の実務知識
9.ファイナンス
(1)担保評価と融資可能限度額の理解
(2)融資の種類と融資申込実務
10.建築
(1)建築構造と建築材料の基礎知識
(2)建築構造とコストの関係

ねらい

・ 不動産投資の基礎から応用まで幅広い知識を体系的に学ぶことができる

・ 不動産調査や各種法令、税務を熟知することで、不動産関連の専門家(税理士、土地家屋調査士、司法書士、建築士等)と対等なコミュニケーションが成り立ち、目的をスムーズに達成できるようになる

・ 非常に高度な実務知識が必要とされる、競売、借地の実務を短期間にマスターできる

・ 投資面、税務面で戦略的な事業収支アドバイスができる、金融機関との融資交渉にも有利になる

特徴

1.不動産投資全般の実務スキルが短期間で身につけられます。

2.すべての講義の内容が実際の不動産投資、仲介実務で起こりえる内容ですので、即戦力として活躍できるようになります。

3.講座修了後は、J-REC認定賃貸経営実務検定1級(または準1級)の5問免除が受けられます。
(全国で随時受験可能)

賃貸経営実務検定とは?

賃貸経営実務検定は、オーナー及び不動産業者の双方が不動産投資、賃貸経営に必要な知識を高めるため。
また、より高度な不動産コンサルティング技能を身につけ、顧客に安心したサービスを提供したい建築不動産業者関係者のために実践的な不動産コンサルタントを育成し、日本の不動産市場の向上と発展に貢献する資格です。

各種級別資格を取得し会員になると、オーナーズフォーラム(SNS)に参加できる他、賃貸、税務、法務等の専門家に無料相談できるなどの特典があります。

また、最上位資格のマスターを取得すると、J-REC認定の講師として、社員教育講座や賃貸経営実務検定の講座を開講でき、地域のオピニオンリーダーとして活躍できます。

受講希望はこちら お問い合わせもお気軽に

お問い合わせはお気軽に

03-6202-2840 お問い合わせフォーム

メールマガジン

社員のレベルアップや営業戦略について、社員研修開催日時などのタイムリーな情報をお届けします。

お名前

Eメール

J-RECプライバシーポリシーに同意の上ご登録下さい。